伊原 利男さんの畑です。

2013年11月08日(金)10:15 AM | カテゴリー:畑のようす | 投稿者:みっちゃん


新しくGGCメンバーに加入して下さった、伊原利男さん。

 

伊原さんは約4haもの敷地でお米を生産されており、イモ類や原木しいたけなども生産されている大農家さんです。

また、「東みよし町そらのそばづくり協議会」に所属されており、そばも約1.4haの敷地で栽培をされています。

そのソバは粉にして農産物直売所で販売しているそうです。

 その名も「そらのそば」。

徳島県西部は昔から“そら”と呼ばれていたそうです。

徳島市内の方からすると、徳島県西部を山の上=“そら”のように思えたのでしょうか^^

 

 

昨日、伊原さんがソバの刈り取り作業をされるということでしたので、取材に行ってきました!

ここが農地です。

Exif_JPEG_PICTURE

 

ひろーい!!

 

ソバは、花が咲いて実が付きます。

これは、実になる前の花の様子。

 

Exif_JPEG_PICTURE

この種類は、白くてとっても可愛らしい花が咲きます

 

そして、実がつくとくなります。

Exif_JPEG_PICTURE

 

この実を、機械と手で刈っていきます。

 

これがその機械。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

ソバの実がついている上の部分だけ刈っていきます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

刈り取られたあとはこうなります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

 

 刈り取った実は、茎などと分けられて乾燥させます。

Exif_JPEG_PICTURE

 

機械が入らない場所は、手刈りをし茎ごと天日干しさせるそうです。 

 

 この実を製粉すると、ソバ粉になるのです。

 

冬はあたたかいお蕎麦がおいしい

このソバ粉が産直に並ぶのが楽しみですね