南雅彦さんの田んぼです。

2013年08月30日(金)9:30 AM | カテゴリー:畑のようす | 投稿者:みっちゃん


南さんの田んぼでは、あきたこまちの収穫が始まりました。

  Exif_JPEG_PICTURE

 

南さんの米作りへのこだわりは昔ながらの“はでかけ”。

Exif_JPEG_PICTURE

木で作った“はで”に刈り取った稲を束ねた状態で干していきます。

 

時間と労力が必要な作業のため、東みよし町でも“はでかけ”はあまり見なくなってきました。

しかし、自然の中でゆっくり乾燥させ、太陽の恵をたくさん吸い込んだお米は、とーってもおいしんです

南さんは、全ての品種のお米を“はでかけ”で乾燥させて出荷しています。

こだわりの“はでかけ米”です

 

 

まずは稲刈り。

バインダーという機械で稲を刈りながら、束ねていきます。

 Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

木を組んで“はで”を作ります。

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

 

束ねた稲を干していきます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

じゃーん!こうなります

Exif_JPEG_PICTUREExif_JPEG_PICTURE

この日は朝早くから夕方まで、丸一日の作業でした。

写真を撮っているだけでも汗がだらだら。

本当に暑い中、大変な作業です

お米への愛情がとても伝わってきました

 

南さんの田んぼのすぐ横には、汽車が走る鉄橋があります。

ここからの景色はとても素晴らしい

なんとも田舎らしくて、鉄橋と川と田んぼが美しいんです

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

汽車が走っているところもよく見られます

Exif_JPEG_PICTURE

 

はでかけ乾燥は、晴れていれば約一週間ほど。

 

今しか撮れない写真を撮影してみてはいかがでしょうか?

 

 

新米がとっても楽しみ