近藤さん宅での農家民泊研修

2013年11月20日(水)11:28 AM | カテゴリー:みっちゃんのブログ | 投稿者:みっちゃん


体験教育旅行で県外から来た学生を迎え、宿泊を受け入れるだけではなく農作業や日常生活を共にする「農家民泊」。

現在、徳島県西部の美馬市、三好市、つるぎ町、東みよし町の「にし阿波観光圏」では、地域の特性を生かした魅力あふれる観光圏を整備し、観光旅客の来訪、滞在の促進への取り組みをしており、「農家民泊」にも力を入れております。

 

東みよし町でも民泊の受け入れを行なっていますが、他の市町に比べ民泊受け入れ家庭が少ないのが現状です。

そこで、町内の雇用を増やすために様々な活動をしている、「東みよし地域雇用創造協議会」が、現在「農家民泊事業者育成研修」というものを行なっています。

 

その講習内容のひとつである、農家民泊実習が近藤昭さん宅で行なわれていました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

今回の民泊実習は、主に調理実習でした。

民泊では、食事は必ず全員で準備・調理・片付けまでを行ないます。

 

経験豊富な近藤さんは、子ども達に貴重な経験をしてもらおうと、素朴ながらも楽しく美味しく食べれる食事内容にしています

 

今日はうどん打ち、釜でご飯を炊く体験をレクチャー。

 

うどんは生地を手でこね、自分達で切っていきます。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

外では、うどんを茹でる用の大きな釜も準備します。

釜を温めるための火も自分達でおこします。

火をおこす薪も準備します。

 

うどんの打ち方。

火のおこし方。

うどんの茹で方。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

お米の研ぎ方、水の入れ方。

火のおこし方。

お米のたき方、火加減、時間。

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

全て、学生さんには初めてで貴重な経験になるんでしょうね

 

炊き上がったお米で塩にぎり。

Exif_JPEG_PICTURE

 

近藤さんのお宅で収穫したゆずを使って、酢の物作り。

ゆずの皮が入ったご飯で、稲荷寿司作り。

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

完成!!

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

 

自分達が収穫したものを、自分達の手で調理して食べる。

Exif_JPEG_PICTURE

 

材料などは全て素朴なものですが、何よりも贅沢なものですね

 

 受け入れ家庭によって体験や食事などそれぞれ違いますが、近藤さんのお宅ではこのような形で行なっているそうです。

この実習を機に、東みよし町でも民泊受け入れ家庭が増えて欲しいですね

 

 

最後に、近藤さんから苺大福を頂きました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

近藤さんが作ったイチゴが丸々一つ入っています。

Exif_JPEG_PICTURE

 

イチゴの甘酸っぱさと、大福の甘さが絶妙!

 

とっても美味しかったです

 

 

 近藤さん宅からの帰り道。

Exif_JPEG_PICTURE

紅葉がとても綺麗でした

そして河原の青石とのコントラストが美しいですね。