東みよし町のお蕎麦

2013年06月13日(木)5:21 PM | カテゴリー:みっちゃんのブログ | 投稿者:みっちゃん


徳島でお蕎麦といえば、祖谷が有名ですが

東みよし町でも昔からお蕎麦がよく食べられています。

特に山間地では、多くの農家でソバの実が栽培され、自宅で蕎麦打ちをされる方も多くいらっしゃいます。

また、以前のブログにも書きましたが、にし阿波地区ではそば米雑炊が郷土料理の一つになっています。

 

今日、“東みよし町「そらのそば」づくり協議会”の新田泰士さんがソバの実の種を持っていました。

 

それがこれです。

Exif_JPEG_PICTURE

 

私、東みよし町で生まれ育ちながらソバについてあまり知識がなく、今日種を見たのも初めてなんです

こんな形なんですね。

 

種を見るのは初めてですが、蕎麦打ちは何度か体験させて頂いた事があります。

それが、なんとも難しい。

生地が破れないようにそーっと。

でも、しっかり厚さを整えてのばす。

 

そば打ちといえば、以前GGCに参加してくださった中川カズ子さん宅に取材に伺った際に蕎麦打ちを拝見させて頂きました。

中川さんは、東みよし町の東山という地域にお住まいで、自宅でソバの実の栽培からお蕎麦の生産まで全てを自身でされています。

吉野川ハイウェイオアシスの産直などでもお蕎麦を販売されていて、地元ではとても評判です。

 

中川さん6

生地をのばすスピードが速い!!

 

 IMG_1613

一定の幅に切って

IMG_1603

 

完成!!

 

中川さん宅は東山でもほんとに上のほうで、ご自宅の縁側から見える山が目線より下

絶景でした

 

中川さん8 中川さん5

 

しかも、蕎麦打ちを拝見させてもらったうえに、

お蕎麦まで頂いてしまいました。

 

 中川さん7

絶品

 

関東のほうにあるお蕎麦とは見た目が違って、少し太めで短いのが特徴です。

 

これが田舎のお蕎麦

 

GGCにご参加頂いた都会の方からは、お蕎麦のリクエストもよくあります。

 

是非、皆さん一度は食べてみてください