夏秋いちごをご存知ですか?

2013年08月27日(火)10:27 AM | カテゴリー:みっちゃんのブログ | 投稿者:みっちゃん


以前、東みよし町の水の丸地区で栽培しているトマトを紹介しましたが、水の丸地区では標高が高く冷涼な気温を生かして、夏から秋にかけて苺を栽培しています。

この時期にできる苺を「夏秋いちご」と呼びます。

 

水の丸地域は標高が約1000メートル。

地上との気温が5度ぐらい違ってくるそうです!

 

皆さんも苺は冬のイメージが強いかと思いますが、最近では高冷地などで全国的に夏秋いちごが作られるようになってきました。

なんと、その中でも東みよし町は全国で初めて夏秋苺を栽培した地域なんです!!

 

今年もいちごの収穫が始まったそうで、昨日の徳島新聞に記事が載っていました。

 

夏秋苺新聞記事

写真に載っているのは水の丸苺生産組合の遠藤弘行組合長さん。

現在、水の丸地区では18戸で夏秋いちごの生産を行なっているそうです。

 

 

東みよし町では、10月に「水の丸高原ウォーク」というイベントを開催する予定です

にし阿波観光圏で実施している「にし阿波体感プログラムイベント~にし阿波と恋する時間~」の中でのプログラムなのですが、地域の方で作った団体「西庄良所の会」さんが、案内人をして下さいます!

 

そのイベントの中で、なんと水の丸地区で作られた苺が食べられるのです

 

イベントの詳細については、決まり次第お知らせします!

 

東みよし町ならではの“秋”が楽しめるイベントになりそうですよ^^